お仏壇の豆知識❶ 使用素材を調べる

仏壇を造るうえで一番大事なのが使用される木材です。大事な仏壇が永く良い状態のまま、ご自宅で使われるよう、世界各国からの厳選された銘木が起用されています。 名木の選定には「格調高い木質」「耐久性に優れている」「菌や虫に犯されにくい」「乾燥性が良い」「美しい木目」「使用経過で気品が高まる」などがあります。


◆お仏壇に使われる木材◆


ウォールナット

クルミ材の落葉広葉樹。辺材は乳白色から灰紫色、芯材は紫色を帯びた濃褐色。木質はやや重硬で、狂いが少ない。木肌はやや粗いが、艶出し加工で美しく仕上がる。


クルミ

クルミ材の落葉広葉樹。辺材は灰白色、芯材は褐色を呈す。木肌はやや粗いが、表面仕上げは良く粘りがあり、狂いは少ない。


ポプラ

ヤナギ科の落葉広葉樹。辺材は白~黄白色で広い。芯材は淡褐色。材質は軽くて弱く、やや軟らかい。仕上げに手間を要することがある。


シルバーハート

アカテツ科の広葉樹。芯材は桃色を帯びた白褐色、辺材は淡色を呈する。美しい縮杢が出ることがある。木理は通直で木肌はやや粗い。


タモ

モクセイ科の落葉広葉樹。北海道に多く、本州北・中部にもごく僅か分布。また、樺太、朝鮮、中国にも生える。辺芯材の境界は明瞭で、辺材は淡い黄白色、芯材はくすんだ褐色。年輪は明瞭。


ニレ

ニレ科の落葉広葉樹。北海道、本州と広いが、大部分は北海道に産する。また、樺太、千島、朝鮮、中国、シベリアなど広域に生育する。辺芯材の境界は明瞭で、辺材は黄白色、芯材は淡褐色。木目は明瞭で美しい。


サクラ

バラ科の落葉広葉樹。辺芯材の境界は明瞭で、辺材は淡い黄褐色。芯材は褐色で、時に暗緑色の縞模様を呈する。木理はほぼ通直で木肌は緻密。加工性、着色性とも優れ、磨くと光沢がでる。狂いは少ない。耐久性は高い。


ハードメープル

カエデ科の落葉広葉樹。辺材は淡い灰白色、芯材は灰色を帯びた黄褐色。材質は重硬で肌目は緻密。加工はやや難しいが艶出し加工で美しく仕上がる。類似種として少し柔らかい木質のソフトメープルがある。


バーズアイメープル

カエデ科の落葉広葉樹。玉粒状の鳥眼杢が現れるものを『バーズアイメープル』と呼び、玉粒が多く、全面に均等に入るものはとても希少。


黒檀

カキノキ科の常緑広葉樹。辺材は淡い赤色を帯び、芯材は黒色と淡赤色の帯が交互に配列して縞目を有する。非常に重く硬い材で、加工は困難を極める。耐久性は非常に優れる。


紫檀(ソノケリン)

マメ科の広葉樹。辺芯材の差は明瞭で、芯材は緑褐色から濃紫褐色。紫色から黒色の縞をもつ。木質は重硬であるが、インドローズより多少木理が粗く粘りがある。


紫檀(カリン)

マメ科の広葉樹。辺芯材の区分は明瞭で、辺材は淡い黄白色、芯材はやや紫色を帯びた赤褐色を呈す。木理は交錯し、柾目面にはリボン模様が現れる。木質は重く強勒で硬い。肌目はやや粗い。磨くと光沢が出て美しい。


紫檀系(パーロッサ)

マメ科の広葉樹。辺材は黄白色で幅は狭く、芯材は紫色を帯びた暗赤褐色で縞模様が現れる。また、細かなリップルマークが著しい。木質は重硬で加工は難しい。乾燥に長期間を要し、表面に細かい割れが入ることがある。木肌はやや粗いが塗装仕上がりは良好。虫害や耐久性に優れる。


黄王檀

ムラサキ科の広葉樹。木質は適度に堅く、加工は比較的容易である。辺材は灰白色から黄白色、芯材は黄褐色で濃色の縞が出る。強勒で衝撃性に優れる。材面は油分を含んだ感触があり美しく仕上がる。


鉄刀木 タガヤサン

マメ科の広葉樹。辺芯材の区分は明瞭で、芯材は濃褐色から黒褐色の条斑がある。辺材は白っぽい淡色で柔らかい。木理は交錯し、肌目は粗いが、磨くと美しい光沢を放つ。重硬で強度は高く粘りがあるが、乾燥に狂いやすく加工に困難。耐久性は高い。


屋久杉

スギ科の常緑針葉樹。芯材は赤味を帯びた茶褐色を呈する。成長が遅くて年輪幅は狭く木目が詰まっている。また、樹脂分が多くて腐りにくい特徴を持つ。抗菌・防虫効果もあるとされる。


ケヤキ

ニレ科の落葉広葉樹。辺材と芯材の区分は明瞭で、辺材は灰白色で芯材は黄褐色。年輪は明瞭で光沢がある。材はやや重硬で、耐湿・耐久性に優れる。一方、狂いやあばれが落ち着くまでに、かなりの乾燥時間を要する。


ホワイトアッシュ

モクセイ科の広葉樹。辺材は白色、芯材は灰褐色から淡褐色や、褐色の条が入った薄黄色まで様々。適度に堅く耐久力に富む。乾燥はしやすく、スチーム曲げにも適している。ステインや艶出し加工で美しく仕上がる。







【世界の銘木 木材図鑑】様

木材画像を使用させて頂いています。ありがとうございます。


お墓と仏壇のワイズネット

霊園・墓地・お墓のご案内 仏壇・仏具のご紹介 お墓と仏壇関係の記事